“英語を何としてもマスターする!”

毎年初めの目標にそんな目標を設定し、

✔今年こそ映画を字幕なしで見る!
✔外国人の友達を作る!
✔通勤電車の中でクールに英字新聞か洋書を読む!

このような願望を抱いている人が多いのではないでしょうか?

しかし、いざ日常生活が始まると一番感じること。

それは

“忙しすぎて英語を学習する時間がない!”

毎日続く残業や休日出勤、仕事後の付き合い飲み会、休日は家族サービスや寝坊など激動の日本社会で日々を過ごすことだけでも大変ですよね?

このような状況下で尚英語を習得したいと考えている人が次に向かう先は、

“楽して効率よく英語を学びたい!”

というものです。

そして、巷にある『英語を聞き流すだけで英語が完成』なる教材を積極的にトライすることになるのですが、ここで1つ疑問が浮かびます。

このような“聞くだけ”の英語教材は本当に効果があるのか?

ということです。

今回は、そんな疑問を解決するために“聞くだけ”の英語教材を謳う教材について検証していきたいと思います!

聞くだけの英会話教材とは?

そもそも、“聞くだけ”の英語教材とはどのような教材を指すのでしょうか?

“聞くだけ”の英語教材とはその名前の通り、“純粋に英語を聴き流す”だけで英語が上達することを謳う英語教材を指します。

この手の英語教材の最大の特徴は、“有名人”をマーケティングに起用し、一気にその認知度を高めて販売を加速させているということです。

また、往々にして、途中退会をした場合に備えて1か月に1本”などのペースで教材が送られてきます。

聞くだけの英会話教材の種類とその特徴とは?

ここでは、“聞くだけで英語が上達する”を売りにしている英会話教材を2つピックアップし、その特徴を見ていきます。

スピードラーニング

“聞くだけ”の英語教材の火付け役ともいえる一世を風靡した英会話教材がスピードラーニングですよね。

スピードラーニングは当時全盛期であったプロゴルファーの石川遼選手をイメージキャラクターとして認知度を高めることに成功し、爆発的な人気を博しました。

教材の特徴としては、習熟度別に細かくレバルが分けられておりそれぞれのレベルに沿った難易度の会話が繰り広げられます。

また、集中力が高まるという理由でバックミュージックに“クラシック”が流れていることもこれまでにはなかった大きな特徴だと言えます。

それぞれの会話に対する丁寧な説明も付録されているハンドブックに記載されているので、予習・復習を上手くすれば効果が期待できる教材だと言えるでしょう。

EVERYDAY ENGLISH

新しい聞くだけの英会話教材“をテーマに大きなヒットを記録しているのがEVERYDAY ENGLISH”です。

この教材は主にインターネットを用いた通販で大きな成果を上げてきました。

教材の特徴としては、

  1. 赤ちゃんが成長して言葉をしゃべり出すプロセスと同様の学習法を採用!
  2. たったのフレーズ20パターンを身に付けることを目指す!
  3. 独自開発の2段階スピード音声を採用!

というものです。

これらの教材が持つオリジナルな特徴を基に、楽天ランキング市場5年連続売り上げNO1を獲得していることからもその高い効果と実績を窺い知ることができるのではないでしょうか?

聞くだけの英会話教材の効果とは?

それでは、“聞くだけ”の英語教材は一体どれだけの効果があるのでしょうか?

答えから言います。

“英語がある一定以上のレベルにあれば高い効果がある教材!”

であると言えるでしょう。

それはなぜでしょうか?

例えば、あなたがンデベレ語(アフリカで話されている言葉)の聞き流し教材を利用したとします。

毎日必死に聞いたとしてもあなたは恐らく上達することはないでしょう。

なぜなら、学ぶ言語に対してのある一定のベースとなる基礎知識がなければ“聞くだけ”の英語教材の効果は大きく落ちてしまうからです。

逆に言えば、ある一定以上(英検3級程度)の英語の能力を有していればリスニングの面において大きな効果が期待できる教材であると言えるでしょう。

まとめ

いかがでしたか?

最後に大切なことを伝えます。

聞き流すだけの英語教材は一般的に“楽して英語が身に付く”と考えられがちですが、それは大きな間違いです。

実は、聞き流すだけの英語教材は一般的に“記憶に定着しにくい”とかんがえられています。

つまり、“聞き流しながら”何らかの努力をあなたがしなければその効果は薄いものになってしまうのです。

ここでオススメするのは、“シャドーイング”です。

これは、流れてきた英語フレーズを繰り返すというものですが、これをブツブツとつぶやくだけでその効果を飛躍的に伸ばすことができるだけでなくどの言葉が聞き取れて、どの言葉が聞き取りにくいのかが明確になるために自分の課題や問題点を見つけて改善することも容易になるでしょう。

是非、聞き流すだけの英語教材を使う際はこの方法を試してみてくださいね!