TOEICの勉強と英会話の勉強に関連性があるの?

この記事ではTOEICの勉強と英会話の勉強に関連性があるのか?

そして、関連性を持たせることができるのかについて紹介していきます。

同じ英語と言う勉強でも以外と知られていなかったりすることもあるかもしれ
ません。

そのような方に手短に出来るだけわかりやすくまとめて読者様の参考
になれば幸いです。

この記事を読んで知識を深めていただければ嬉しいです。

 

TOEICを勉強することで学べること

TOEICを勉強することでビジネス英語を強化することが出来ます。Eメールで
の冒頭のあいさつ(To whom it may concern 担当者様)や、(Best regards 敬
具)など代表的な表現はたくさんあります。

特に職場でこういうときにどう表現して言えばいいのか、
思っていてもなかなか英語で伝えられない人は多いのではないでしょうか。

この試験では職場でよく使える英語がたくさん登場します。

したがって勉強をすることで、
顧客とのEメール対応や電話応答などのヒヤリング力を付けることが出来ます。

 

また、ビジネス英語をどれだけ理解しているかを測る試験なので学べる範囲は限られてしまいます。

 

また、リスニング等では薬局上での会話、会議室での会話などが放送されるため実際にどんなビジネスシーンを想定しているかを学ぶことが出来ます。

 

試験では良い展開よりもむしろ悪い展開が多く、カギを無くしたや薬が在庫切れ、出張があって会議を延期してくれないかという問題がしばしば取り挙げられます。

 

社会人にとっては馴染みがあり面白くないかもしれませんが、
学生など馴染みがない人が勉強する分には面白く、勉強にもなります。

 

TOEICの欠点

TOEICの欠点 TOEICの欠点として良くまことしなやかにささやかれていることは、
試験勉強 をしてスコアが上がっても皆が職場で役立てられるかということです。

 

確かにスコアに応じてReadingやListeningを通じて読解力、リスニング力は身に付きますが、
実際のビジネスの現場では顧客の話すスピードが早すぎて聞き取れなかったりすることもあります。

貿易会社など英語を頻繁に使う職場で900点を持っていても、
全く顧客対応が 出来ないという人もいます。

 

したがって、皆がスコアに応じてビジネスの武器になるとは言い切れないことがデメリットです。

 

英会話を勉強することで学べること

TOEICとは違い英会話の場合は外国人の先生を相手にインプットした内容をア ウトプットする作業が英会話になります。

 

したがって、英会話をすることでインプットした内容を自分がどれだけ口から出せるか腕試しを行うことが出来、自分のスピーキング力を把握することが出来ます。

また、先生と話しているうちにネイティブスピーカーではないため。

所々文法 間違いを指摘してもらえ、会話上における適切な単語を指摘してもらうことが出来ます。

 

例えば、「私はお金をためています」ということを言おうとして、
I am preparing some money
と言ったとしましょう。

何となく通じるような気も しますが、
文法としては不適切で正しくは
I am saving money.が正しい表現です。

 

このように自分が気づかなかったり、
間違っている表現を適時してもらうこと により、
自分も成長できますし次回から間違えにくくなります。

 

これはTOEICを勉強している時には学べない内容です。

英会話の欠点 英会話では長所として誤った文法やフレーズを指摘してもらえる分、
成長を感 じることが出来ますが、人によってはそれが苦痛になり、
めんどうくさいと思うようになる人がいます。

 

そのため、こつこつと階段を昇っていきたいという人には向いていますが、
少しでも早く英語を上達させたい人言う人には向いていないといえます。

 

英会話とはこのように間違えを指摘されて繰り返し正しい表現を覚えて行くことで成長できる場所です。

 

TOEICと英会話の共通点はどこか TOEICと英会話の共通点は複数考えられます。

まず、同じ英語を勉強しているという点です。参考書を開いて単語を覚えたり、
文法を覚えたりすることは英語を学んでいることになりますし、
英会話でも英語を話せばそれだけで英語を学んでいることになります。

 

2つ目はどちらとも英語を学ぶ作業なので目標意識を持って頑張れる点です。

例えばいつまでにどのような勉強を行えば目標の点数に到達できるかを考えて、
行動する場合を示します。

英会話でもいつまでに自分はどれくらい話せるようになっていたいのか、
そのためには何が必要なのかをあらかじめ模索することで共通点が見えてきます。

 

英語を学習する目的によって、何から先に取り組むかを決めるTOEICと英会話の共通点でも少し触れたように、自分はどんな英語の目的にたどり着きたいかによって学習法も変わってきます。

例えば、英会話を向上させたいという人がいきなり文法や単語もわからず教室に通うのは矛盾しているといえます。

 

武器がないのに鬼が島に退治に行くようなものです。
文法もわからなければ話せないですし、教室に行けばどうにかなるという考えは間違いです。

 

まずは少しずつでも参考書で文法を拾って、それ を会話で使えるように暗記しておく必要があります。

 

また、この記事ではTOEICの内容を取り挙げましたが、
これが英検になると同じ英語の資格でも問題も違えば扱う分野も違うため対策がさらに必要になりま す。

 

この記事ではTOEICと英会話の共通点を紹介してきました。

同じ英語を勉強するという枠組みでも以外と知らなかったりする点もあったの ではないでしょうか。

 

この記事を読んで少しでも資格取得に前向きになっていただければ幸いです。